9月 26 2019

ファイルを右クリック規定アプリ以外で開くメニュー追加

普通にクリックすると起動してしまうスクリプト等を簡単にエディターで編集したいときなどに、マウスで[右クリック]→[編集]とすると「メモ帳」でファイルが開きます。

こんな時、普段から使っているエディター(今回はTeraPad)ですぐに開くことが出来たらとても便利です。

そこで、[編集]の規定アプリを変更できないか色々やってみましたが適当な方法は見つかりませんでした。しかし、レジストリーを直接編集することによってメニューを増やせる事が分かりました。



まずレジストリーエディターを立ち上げます。[Windowsキー]+[R]コマンドとして regedit と入力し[OK]します。

エディタが立ち上がったら、最も上位から次のようにツリーを辿ります。
HKEY_CLASSES_ROOT]→[*]→[Shell

更に、Shell の上でマウスを右クリックして[新規(N)キー(K)]を選択します。

キーに TaraPad と入力したら保存します。次図のように[Shell]の下に[TeraPad]と言うキーが作成されます。

その[TeraPad]キーの内容である[名前]の (既定) をマウスの右クリックのメニューから[修正(M)]します。

修正のダイアログボックスが開いたら[値のデータ]に次のように入力します。 TeraPadで開く(&E)

[TeraPad]キーの下位に新しいキーを作成します。 commandと入力して保存します。

下図のように、新しく[command]と言うキーが出来ますので、前述の[修正(M)]と同様、次のように実行するコマンドを指定します。

実際のソフトの場所をエクスプローラで表示した上でフォルダツリーをコピー&ペーストすると間違いが起こらないでしょう。 ただ注意を要するのは Program Files の様にスペースを含むURLの場合、ダブルクォーテーション(”)で囲む必要が有ります。(図のとおり)

OK]した上で、エディターを閉じます。最上部の図の様にメニューが構成されているか確認して起動してみてください。もし、すぐに開かず「どのソフトで開きますか?」というような問い合わせが表示されたような場合は command の URL が間違っている事が有りますので確認してみてください。

8月 11 2019

初めてのRasPiがZero W.さぁどうする!?

初めて買ったRaspberry Pi が図のような Pi Zero WH であった場合、名前の「W」からも分かるようにWiFiは使用できます。またGPIOのピンも付いて「H」います。しかし、LANケーブルが繋がりません。専用のディスプレイも、キーボードも持っていません。WiFiの設定が出来ないと他のPCから SSH(リモート)で入ることも出来ません。
さぁどうする!?

つまり、この状況で必須の事項は、まずWiFiの設定をすることとSSH の機能を有効にすることです。それも使用できるのは Pi Zero WH と microSD カード、さらにイメージを焼くのに使用するWindows パソコンだけです。

microSD カードにイメージを焼いたら・・・


  • そのままWindowsパソコンで作業をします。
  • 仮に、今microSDカードのドライブが F: と G: だとすると boot(F:) の方は Windowsで編集可能です。

  • 右図のように、ドライブ内で右クリックしたメニューの中から「新規作成」→「テキストドキュメント」と選択して次の2ファイルを作成してください。
    wpa_supplicant.conf
    ssh

    取り敢えず空ファイルのまま保存しておきます。
  • この時、注意しなければならないこと.txt が自動的に付けられるのに気がつかず失敗します。

  • 図のように、拡張子が .txt でないのでワーニングのダイアログが出ますが無視してください。

  • ファイルが揃ったところで、テキストファイル ssh はそのまま空白のままにして、wpa_supplicant.conf の方はもう一度開いて内容を書き込みます。

  • 前提として、これから接続するルータのWiFi情報を次の様に仮定します。
  • ルータのSSID : WARPSTAR-8FE884
    パスワード  : 0046D824FE72C

    country=JP
    ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
    update_config=1
    
    network={
            proto=RSN
            key_mgmt=WPA-PSK
            pairwise=CCMP
            ssid="WARPSTAR-8FE884"
            psk="0046D824FE72C"
    }
    

    通常は、psk=19f5f008061fd70d815cfa74377a73222e0e42df442f76225f73b30d9bd3fb18
    のように psk=”0046D824FE72C” を暗号化したものを使いますが、ここではまだ Raspberry のリナックスコマンドが使えませんのでパスワードをそのまま使います。

    もし他にリナックスが使えるようなら、暗号化してからコピーした方が良いでしょう。
    方法は・・

    $ sudo wpa_passphrase WARPSTAR-8FE884 0046D824FE72C
    network={
    ssid="WARPSTAR-8FE884"
    #psk="0046D824FE72C"
    psk=19f5f008061fd70d815cfa74377a73222e0e42df442f76225f73b30d9bd3fb18
    }
    

    psk= に生のパスワードを指定するときは「”:ダブルクォーテーション」で囲いますが、暗号化した場合は「”」は使用しません。


microSD カードを RasPi Zero に挿したら・・・


  • 電源を供給して、立ち上げます。
  • 問題は、IPアドレスが分からないことですが、スマホ用アプリの Fing などを利用して同セグメントのIPアドレスを表示するなどして特定してください。

  • Windows パソコンで2ファイルを作っておいただけで、WiFiが接続され、SSH が使用可能になっているはずです。
  • 既出の暗号化は、必ず後になってもやっておいてください。
3月 06 2017

MySQL 5.7にアップグレードする

長年使っているデータベースの MySQL Community Server ですが、5.0 の時代の物です。データその物は Raid1 のハードディスクに収まっているのですが、実は、Windows7 からアップグレードした Wdindows10 が更新(1511から1607)不能に陥り、具体的解決が図れなかったためクリーンインストールしました。
それに伴い、環境も大きく変わっているので Windows10 に整合性のある MySQL 5.7 にアップグレードする事にしました。
Read More

6月 13 2016

テキストモードでWi-Fi接続を安定にする(Stretch)

Raspberry Mark

Jessie(Debian 8)が新しくなって systemd が導入され、色んな局面で従来の方法が通じなくなりました。

ここでは、Raspbian に於ける Wi-Fi 接続での安定化を目指した一つの方法を通じて、systemd に馴染みたいと思います。あくまでテキストモードで動かしたい事情の元での話で、グラフィック・モード(GUI)で利用される場合は、標準でインストールされる wicd の利用をお勧めします。
このような事態に陥った理由には、今まで Network Manager をストップさせ wpa_supplicant.confinterfaces の記述で安定的に運用できていたものが、dhcpcd の導入で固定アドレスの指定は /etc/dhcpcd.conf にて指定しなければならなかったり、その為に dhcpcd が行おうとする、すべてのインターフェースに対する挙動が不安定さを招いたりと、満足いく結果が得られなかったことです。

そこで、今後の展開も考慮すれば折角導入された systemd に沿ったやり方で安定運用できない物かとの考えに至ったと言う訳です。 Read More

6月 13 2016

WordPressで overflow: auto が効かない?!

私の使用している WordPress のテーマ内(ブラウザはChromeです)では、下図のような一行の長いコマンドラインなどを、枠の範囲を越えたときだけ横スクロールバーを表示して、あくまで一行にしたいことがあります。

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa
bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb

Read More

9月 17 2015

Chrome アプリ ランチャーが消えた!?

WS000001launcherこの見慣れたアイコンが消えてしまうことがあります。Chromeを再インストールしたときなどに起こります。大きなWEBブラウザーを立ち上げずとも,アプリが選べたり検索ができたりと軽くて便利な「Chrome アプリ ランチャー」ですが,消えてしまうと通常考え付くやり方では再現できません。

 結論から言うとごく簡単に再現できます。 Read More

9月 04 2015

WordPress 更新でカスタマイズが消える

menu01

 ブログを再構築した際に,今迄の体裁に近づけるためいくつかのカスタマイズを,直接テーマに加えました。当然と言えば当然なのですがテーマの更新を行った結果カスタマイズは元に戻されてしまいました。

 そこで[Theme Options]の中の
WS000002を利用することになります。

 しかし,これはCSSには有効な手段ですが,phpの変更はやはり上書きされてしまいます。

 そこで調べてみると「WordPress Codex 日本語版」という公式オンラインマニュアルに行き当たりました。詳しくはそちらを参照してください。ここでは簡単に手順を残します。 Read More

12月 02 2014

HummingBoardにDebianをインストールする

HummingBoardという名称のミニPCボードがイスラエルのSolidRun Ltd.という会社から販売されています。Raspberry Piと同じレイアウト(ケースも併用可)ですがソフト的な互換性はありません。ただ少しパワーがありコストパフォーマンスに優れているのと,3段階の機能を選択できるメリットがあります。

詳しくはhttp://www.solid-run.com/をご参照ください。 Read More

12月 11 2013

Raspberry PiにOpenVPNでリモートアクセス

友人のアマチュア無線用ノードをサポートするため,ノード用ラズベリーパイ(Raspberry Pi=Debian系Linux)にリモートアクセスする必要に迫られ,VPNサーバーをインストールしました。 ほとんど100% Raspberry Pi OpenVPN Server Tutorial の焼き直しです。ちょっと迷ったところなどを加味して今後のために残します。 Read More

12月 07 2013

Linux(Raspbian)でダイナミックDNSを使う

 
 今まで使用していたダイナミックDNSサービスが,IPアドレス更新用ソフトが利用できない環境(ARM)のため使用できない事となり,再考することにしました。
そこで比較的簡単に利用できそうなno-ipwww.no-ip.com)を使用することにしました。最も便利なところは,IPアドレス更新用のアプリがソースで公開されていることでした。 Read More

Back to Top