Back

4月 06 2020

WiFiのパワーセーブを無効化

Raspberry Pi 等が、パワーセーブにより、WiFi経由でのアクセスが不能になると、どうしようもない事態になることが有ります。
Power_save off のコマンドは有りますが、その時限りで再起動するともとに戻ってしまっています。そこで次の自動起動を設定すると、以後その手間から開放されます。
次のように、ユニットファイルを新規に作成します。

$ sudo nano /etc/systemd/system/wifi_powersave_off.service
[Unit]
Description = Wifi(wlan0) Power Save OFF
After = network.target

[Service]
Type = simple
ExecStart = iw wlan0 set power_save off

[Install]
WantedBy = multi-user.target

このユニットファイルを有効化します。

$ sudo systemctl enable wifi_powersave_off.service
$ reboot
Back
Back to Top