Back

9月 11 2019

WindowsブートマネージャにSafe Modeを追加

  

Windows 10 を立ち上げるとき、一瞬(5秒に設定)ブートマネージャに「通常モード」と「セーフモード」の選択画面を表示して、セーフモードを選択し易くします。

先ず、スタートメニューよりコマンド プロンプト管理者モードで立ち上げます。(左図のとおり)

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞かれますので「はい」と答えます。


  

コマンド プロンプトが開いたら次の様に入力します。

管理者: コマンド プロンプト
Microsoft Windows [Version 10.0.18362.356]
(c) 2019 Microsoft Corporation. All rights reserved.

C:\Windows\system32>bcdedit /copy {Current} /d "Windows 10 Safe Mode"
エントリは {6465f867-a2ac-11e9-a7bb-b7840b4a904f} に正常にコピーされました。

  

次に、[スタートメニュー]を、右クリックして「ファイル名を指定して実行(R)」を選択します。

msconfig と入力して[OK]を押します。

  

ブート]タブを開き、先ほどのコマンドでコピーされた”Windows 10 Safe Mode” を選択

オプション設定を次のように変更する

  1. ☑セーフブート
  2. ◎最小
  3. タイムアウト[5  ]秒
  4. ☑すべてのブート設定を固定する

  
OK]をクリックして保存・終了して、[再起動]すれば、ログイン画面の手前で5秒間停止し、「通常起動」と「セーフモード」が選択できるようになっているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back
Back to Top