6月 19 2021

無線アンテナ、10年ぶりに分解整備

10年経過のパーツ

先日、ベランダから立ち上げたポールに取り付けていた、2010年制作の「15エレ1200MHzループアンテナ」を取り外した。

ここ数年、古い1200MHzの無線機が使えなくなって放って置いたので、2度の強烈な台風や、鳥被害などでボロボロになっていた。
取り敢えず、パーツを分解し、磨いたり半田付けし直したり、エレメントやブームにテナコートを塗り、初期のピカピカを蘇らせる。

給電部とスタブ

 
 

給電部や口が開いたループは半田付けをし直し、クランプをプラスチック製から金属製に変更した。
ループエレメントとクランプの間はサイズ合わせも含めて、融着テープを半田部分を隠すように巻いた。


 
 
最近やっと使い出したNanoVNAでSWRを測定してみた。
グラフをキャプチャしようと、USBケーブルを接続すると右端が極端に乱れる。
USBが影響しているとは思うのだが、以前144MHzと430MHzを測定した時は、別のPCでその現象が出たので、今回はその時異常が出ないように新たにインストールしたPCを使って居る。まっ、USBを外したVNA単体では落ち着いた波形になっているのと、実質使用する周波数範囲では、影響はほぼ無いので掲載した。

 
 

完成した15エレ1200MHzループアンテナ。
雨続きで取り付けできず、明日は晴れるか!? 楽しみである。

15エレメントループアンテナ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください