12月 11 2010

好みの音色

MSP3050MEC12

 ギターの弦を変えてみた。元々右の「Clapton’s Choice」MEC12が付いていた。音は最高によくうなるし、きれいに響く。しかし、ギターを弾くための筋トレをしていない私には、ハイコードが連続すると辛い。そこで以前、ヤマハの FG-280に使用している MSP-4000(EXTRA LIGHT)を張ってみたことがあった。このときは余りの音質落ちに愕然としてすぐ戻してしまった。

MSP4000 MSP3050 MEC12
E-1st .010(0.25) .011(0.28) .012(0.30)
B-2st .014(0.36) .015(0.38) .016(0.41)
G-3st .023(0.58) .023(0.58) .025(0.64)
D-4st .030(0.76) .032(0.81) .032(0.81)
A-5st .039(0.99) .042(1.07) .042(1.07)
E-6st .047(1.19) .052(1.32) .054(1.37)

 そのことを考慮して(中をとって).011のものを探してみた。やってみないと分からないのでとりあえず好きなブロンズの中から MSP3050を選んでみた。うなるようなという部分は少し我慢しなければならないがステージのような所では弾かないホームミュージシャンには十分すぎる響きである。また力がないためサウンドに不満があったバッキング(Backing)は、かえって良く響くようになった。ギターには申し訳ないが少しパフォーマンスを押さえて弾き手の体力に合わせてもらったってところか・・・。
 FG-280はそのエクストラライト(MSP4000)でもっともパフォーマンスが良い。これで、やっと両方とも自分好みに出来た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください